Qualia Relations Recruiting

エントリーはこちら

Top Message 代表メッセージ

あなた自身のストーリーを、
愛してください。

株式会社 クオリア・リレーションズ
代表取締役 中山 豊

結核、コミュニティ、そして実存。

『死は、いかなる瞬間にも可能である』。 ドイツの哲学者、マルティン・ハイデッガーの言葉を、私はぼんやりと思い出していました。 そこは静かな隔離病棟。

21歳のある朝、私は大量に吐血し、長期の入院を余儀なくされました。 肺結核。大学は休学。立って歩けるのに、敷地の外には出られない、数か月にわたる療養期間。しかし、ここでの生活は、私に大切なことを教えてくれました。たとえば、ここの住人同士の世界では、外の世界のレッテルがまるで機能しない。似たようなパジャマを着て、ボサボサ頭。 毎日、座を囲んではよもやま談義。

実は超大手企業の部長さんも、実は彫り物のあるおじさんも、ここではみな同等で同質。 いや、将棋が強い人がなぜか一番えらかったりする(笑)。

身の上話も、相当に明け透け。 とにかく、みな話が面白い。いや実に、知らない世界と人間模様があるものだと、目が開く思い。シャバの世界では、接触も縁もない多様な大人たちが、それぞれの在り方を否定せず、尊重し、ここでしか実現しないような、奇妙で愉快なメンバーシップを実現させる。

「自分を生きる」。
何者かになろう、何者かであろうと肩肘を張ってきた私は、あっけなく無力化されてしまいました。
あまりに自分がつまらない。 分を生き、自分を知る人間ほど、社会から自分らしさを評価され、また人に優しい。この隔離病棟の社会は、私の目にそう映りました。誰かから必要とされ、気づきを与えられるほど、まだ自分を突き詰めていない。 「普通」にしがみつくのは、もうやめよう。自然と、そう腹に落ちました。 自分を生きるほかないのだから。あとは死ぬだけ。誰かの生き方に希望を与えられるほどに、自分自身を生き抜きたい。そう、濃密な人生を。

様々な制約や試練は、濃密に生きるためのチャンスだった。この療養期間を経て、やっと私は自分を取り巻く現実と、仲良くなれたのだと思います。

嵐の中の船出。

歯科医業界におけるシェア・認知度№1の求人誌『クオキャリア』を筆頭に、ウェルネス業界に強い基盤をもつ、クオリア・リレーションズ。 今となっては、そんな実績やポジションにあるものの、その事業の歴史は、決して予定通りに成長してきたわけではありません。

2006年の設立時は、3畳の物置小屋からスタート。知り合いの歯医者さんからの「歯科衛生士がいたら、紹介してほしい」という依頼を受け、現在の求人広告会社ではなく、人材紹介会社として事業を開始しました。数百万円の予算を投下し、転職希望者を募集するサイトを制作したものの、人はなかなか集まらない。たとえ、紹介できる人材が現れても、人材紹介ビジネスが根付いていない歯科業界では報酬金額をいただけないことが、しばしばでした。1100万円以上あった資金はみるみる減り、残り100万円以下に…。

「何もはじまってないまま、終わるのか…」
そんな絶望に襲われながら、やむを得ず、もう一度、世の中のニーズを捉え直し、人材紹介業というビジネスモデルを捨てる決断をし、求人広告事業をスタートさせた。『貴院の求人情報が、いま就職したい歯科衛生士の目の前にあらわれる!全国約160の衛生士学校にお届けします』そんなキャッチコピーの入ったチラシを自ら作成し、全国の歯科医院顧客リストに、最後の予算を投下して掲載企業を募集するFAXを送ったのです。

『頼む…』3畳の部屋にあるFAXを全社員(当時3人)で囲み、拝みながら待ちました。
5分、10分、15分…。そして、FAXの受信ランプがピカピカと点滅し、
資料請求の申込書が姿をあらわしたときの興奮。
わっと歓声を上げ、動悸がおさまらなかったのを、覚えています。

続く、苦難。

雑誌の制作も、スムーズに事が進んだわけではありません。なにせ、雑誌編集の知識も、WEBの知識も、まったくのゼロ…。 外部企業に任せるばかりではダメだと思い、DTPやWEBデザイン・コーディングの知識や技術も身につけました。 そもそも、求人誌にどんな情報が必要なのかも、分からなかった。 たくさんの求人情報誌を読み漁り、また、歯科業界の人脈をたよりに、雑誌のかたちを模索しました。その後も、難しい局面の連続でした。

当時の『クオキャリア』が新卒に特化した求人誌だったため、新卒採用が一段落する上期は、まったく売上げが立たなかった。 2007年。倒産するかどうかの瀬戸際で、ストレスで髪がごっそり抜けたこともありました。 そんな中、生みだしたビジネスモデルが、年間を通した採用コンサルティングを行う年間パッケージ商品。 そして、月々の分割払いによる決済システムです。

この年に生まれた、これらの新しいビジネスモデルは、当時の経営危機を救っただけでなく、その後の強固な基盤となりました。2008年に発生したリーマンショックによる歯科業界の不況で、他の求人広告会社や人材紹介会社が倒れていく中、当社が生き残ったのは、その前年に苦難を味わっていたからです。

会社という物語を編む。

それから、私たちは新卒採用も開始し、事業も年々拡大。現在は、100億円の売り上げ達成に向けて、理学療法士向けの新しい求人メディアを立ち上げるなど、今、ウェルネス業界に広く、その翼を広げようとしています。

しかし、私たちは、知っています。自分たちが、いかに平凡であるかを。
いかに世界について無知であり、簡単にできないことばかりであるかを。
そして、こうも理解しています。
できないことをできるようにしていくこと、それを成長と呼ぶことも。

できないことを自覚し、でもできるようになれる自分たちを信じ、打ちのめされ、さらにチャレンジし、そうして私たちは、やっと変わることができるのだと。クオリア・リレーションズの歴史とは、平凡な生身の人間の、でも平凡ではない成長の物語なのだと思います。もっと変わっていきたいのです。平凡な私たちがどこまでできるのか。もしかしたら、来年、今とはまったく違う事業を開始しているかもしれません。それぐらい自由でしなやかな日常を、本当に実現してみたいのです。

私たちが、今、求めているのは、そんな変化と創造を共に楽しめる人材です。新しいビジネスをつくっていくのですから、失敗する不安に、躊躇していてはいけません。どんなイレギュラーな現実も楽しめるぐらいに、たくましい人材が必要なのです。

あなたがたくさんの苦難を乗り越え、これまで歩んできた道。どんなに曲がりくねっていたとしても、人に理解されづらいものだとしても、そこには、必ず、意味がある。いや、意味を見出してあげなけれなばらない。あなたが、あなた自身の希望となるために。

クオリア・リレーションズは、あなたを上手に編み込んだ、
とんでもなく面白い物語でありたいと、願っています。

株式会社 クオリア・リレーションズ
代表取締役 中山 豊

Page Top